家事代行サービスのトラブルとデメリット5選【未然に回避する対処法も解説】

家事代行サービスのトラブルとデメリット5選【未然に回避する対処法も解説】
  • 家事代行サービスを頼みたいけど、トラブルが心配…
  • 家事代行サービスでトラブルに遭わない方法を知りたい…
  • 万が一、家事代行サービスでトラブルに遭った場合の対処法を知りたい…

家事代行サービスを依頼する時に、気になるのがトラブルです。実際、家事代行サービスに関するデメリットの一つであり、トラブルが嫌で利用に踏み切れない人もいます。

この記事では、家事代行サービスにおける具体的なトラブルと、未然に回避する対処法を解説します。事前策を知っていれば、トラブルに遭遇する確率を減らすことが可能です。

家事名人
家事名人

家事代行サービスを快適に利用し、ゆとりのある時間を過ごしましょう。

家事代行サービスのトラブル5選

家事代行サービスのトラブル5選

家事代行サービスでは、実際に様々なトラブルが発生しています。事前にどんなトラブルがあるのか知っておけば、対処には困りません

具体的に、家事代行サービスで起こり得るトラブルは以下の5つです。

  • 料金のトラブル
  • 作業内容のトラブル
  • 故障・破損のトラブル
  • 紛失・盗難のトラブル
  • 担当スタッフとのトラブル

料金のトラブル

家事代行サービスでは、料金トラブルがあります。各家事代行サービス業者では独自で料金設定を行っており、表示方法やプランが複雑だからです。

  • 税抜価格での表示だった
  • スタッフの指名料が必要だった
  • スタッフの交通費が必要だった
  • 最低利用時間が2時間なのに1時間あたりの料金表示だった
  • オプション料金が発生していた(子供・ペットの世話など)

上記は、具体的な料金トラブルの例です。

家事名人
家事名人

しかし、サービス内容にしっかり記載してある場合も多く、原因は利用者の確認不足にあります。

作業内容のトラブル

作業内容に関するトラブルは、家事代行サービスの中で最も発生しやすいです。家具の配置変更や清掃の不備など、作業内容のトラブルは多岐に渡ります。

  • 作業のクオリティが低い
  • 依頼した作業ができていない
  • 依頼していない作業までしている

しかし、時間がないことや無理な作業まで依頼していることが原因の場合も多く、家事代行サービス側に全て問題があるとも言えません。また、依頼した内容に関するイメージの共有ができていないことも挙げられます。

家事代行サービスを行うのも人なので、コミュニケーションを上手く取ることが必要です。

故障・破損のトラブル

家事代行サービスでは、スタッフが自宅にあるものを触ります。細心の注意を払っていても、故障や破損のリスクは避けられません

具体的に、故障・破損のトラブルに遭いやすいものは以下の通りです。

  • 床・壁
  • 食器皿
  • 掃除道具

家事代行サービス会社の多くは損害賠償保険に加入していますが、壊れたものが返ってくるわけはありません。

家事名人
家事名人

どうしても壊されたくないものは、触らせないように工夫しておくことが大切です。

紛失・盗難のトラブル

家事代行サービスを利用すると、所有物が紛失する場合もあります。他人を自宅に入れて作業してもらうため、中には盗む人もいるからです。

お金や貴重品はとくに狙われやすいです。家事代行を留守中に依頼する場合には注意しましょう。

担当スタッフとのトラブル

家事代行サービスでは、利用者とスタッフとの間にもトラブルが発生します。スタッフも人である以上、起こり得るトラブルです。

  • 遅刻・欠勤
  • スタッフとの相性
  • 担当スタッフの交代

せっかく相性の良いスタッフでも、人事の関係上、交代せざるを得ないケースもあります。

家事名人
家事名人

しかし、トラブルが頻繁に発生する場合、スタッフの交代を希望することは可能です。

家事代行サービスのトラブルを回避する7つの方法

家事代行サービスのトラブルを回避する7つの方法

家事代行サービスでは様々なトラブルが発生していますが、対処法を知っていれば回避できます。ここからは、具体的な回避方法を7つ紹介します。

  • サービス・料金内容を確認する
  • 作業に対する要望をまとめておく
  • 見積もり時は部屋をいつも通りにする
  • 貴重品はしっかり保管する
  • 作業前の状態を写真に撮る
  • カメラを設置する
  • お試しプランを利用する

サービス・料金内容を確認する

料金や作業に関するトラブルを防ぐためには、しっかりと内容を確認することが重要です。しっかり確認することで、納得できるサービスを受けられます。

具体的には、以下のポイントを細部まで確認しましょう。

  • 料金設定
  • サービス規約
  • 見積書・契約書

延長料金やキャンセル料金の設定など、細かい部分まで確認していないと損する可能性もあります。また、家事代行の中でも料理代行は別料金の場合もあるので注意しましょう。

家事名人
家事名人

何か不明な点があれば、利用前に家事代行サービス会社へ問い合わせてください。

作業に対する要望をまとめておく

満足できるサービスを受けるためにも、依頼したい作業内容を具体的にまとめておきましょう。要望をまとめておけば、スタッフと作業に対するイメージを共有しやすいです。

単に「綺麗にして欲しい」と伝えるだけではなく、もっと細かい部分までまとめます。より具体的に要望をまとめておけば、スタッフと共有する作業イメージに差が生まれません。

しかし、注意点もあるので確認しておいてください。

  • できる範囲内の作業
  • 時間内で完了する作業

要望が多すぎると作業できず、トラブルに繋がります。

家事名人
家事名人

時間に合わせて、依頼する作業内容を決めておきましょう。

見積もり時は部屋をいつも通りにする

他人に見せるとはいえ、見積もり時には部屋をいつも通りにしてください。綺麗に掃除した状態で見せると、作業時間を短く見積もられるからです。

短く見積もった時間では作業を終えることができず、トラブルの原因に繋がります。

  • 延長料金が発生する
  • 作業のクオリティが下がる

いつも通りの部屋で見積もり、満足できるサービスを受けましょう。

貴重品はしっかり保管する

家事代行サービスを利用する時は、貴重品をしっかりと保管してください。他人を自宅に入れるので、盗難の可能性があるからです。

また、通常通り作業していても、何らかの事故で破損の恐れもあります。

  • 貴重品は金庫に保管する
  • 手の届きにくい場所に移動させる
  • あらかじめ近づかないように伝える

貴重品が、紛失・破損してからでは遅いです。

家事名人
家事名人

とくに留守中は盗難の可能性が高まるので注意しましょう。

作業前の状態を写真に撮る

家事代行サービスが自宅に入る前に、作業前の写真を撮影しておくと安心です。もし、作業に不満を感じた場合、証拠として残せます

  • 家具の配置
  • 故障・破損
  • 盗難・紛失

撮影は、スマホなど簡単な方法で大丈夫です。写真を家事代行サービス会社に見せれば、今後の改善や問題解決に役立ちます。

カメラを設置する

留守中や目の行き届かない場所には、カメラを設置しておけば安心です。自分が確認しなくても、問題の証拠を押さえられます

  • 盗難防止
  • 作業状況の把握

カメラの設置は、スタッフにプレッシャーを与える行為です。

家事名人
家事名人

問題がなくても、カメラがあることで作業のクオリティが上がる可能性もあります。

お試しプランを利用する

料金や作業内容に不安がある場合、お試しプランを利用するのがおすすめです。各家事代行サービス業者では、初回のみのお得なプランを用意しています。

お試しプランのある、おすすめの家事代行サービス業者は以下の通りです。

  • キャットハンド
  • アールメイド
  • Casy(カジー)
  • ミニメイド

お試しプランで作業内容を確認しておけば、契約後の失敗はありません。自分に合った業者を選ぶためにも、まずはお試しプランから利用してみましょう。

トラブルを起こさない家事代行サービスの選び方

トラブルを起こさない家事代行サービスの選び方

トラブルを回避するためには、家事代行サービスの業者選びも大切です。トラブルの少ない業者には特徴があります

ここからは、トラブルを起こさない家事代行サービスの選び方を紹介するので参考にしてください。

  • 個人業者を選ばない
  • 公式サイトの口コミを信用しない
  • 制服が統一されている業者を選ぶ
  • 損害賠償保険へ加入している業者を選ぶ
  • 育成研修が充実している業者を選ぶ

個人業者を選ばない

家事代行サービス業者の中には、個人で運営している場合もあります。しかし、個人業者はトラブルを起こす可能性が高いのでおすすめできません。

個人業者は、事務と作業スタッフを兼用している場合があります。スタッフが作業のキャパシティをオーバーしてしまい、トラブルに対応できないです。

もちろん、全ての個人業者ではありません。

家事名人
家事名人

しかし、トラブルの可能性を減らすためも、大手の家事代行サービス業者を選ぶのがおすすめです。

公式サイトの口コミを信用しない

サービスを選ぶ際に参考になるのが口コミです。しかし、公式サイトに掲載されている口コミを信用してはいけません。

公式サイトの口コミは、自社が良く見えるように操作されているからです。都合の悪い口コミは隠し、評判の良い口コミだけ掲載しています。

チェックポイント

自社の評判を公式サイトで良く見せるのは当然です。口コミが気になるのであれば、SNSや他サイトを参考にしてください。

制服が統一されている業者を選ぶ

制服がある業者を選ぶことも、トラブルを減らす一つの要素です。服装自由の業者は、トラブル発生の原因を生み出します

具体的にトラブルの原因になる服装は、以下の通りです。

  • 清潔感のない服装
  • 作業のしにくい服装

制服を着ると、プロ意識が生まれます。作業のクオリティが高い業者を選びたいのであれば、制服が統一されているか確認しましょう。

損害賠償保険に加入している業者を選ぶ

損害賠償保険も、トラブルを防ぐ重要なポイントです。何か問題があった時でも、被害を抑えられます。

  • 損害賠償保険加入の有無
  • 損害賠償保険の適用範囲

多くの家事代行サービス業者は損害賠償保険に加入していますが、個人業者には注意してください。また、適用範囲が狭いと補償の対象外になる可能性があります。

家事名人
家事名人

安心してサービスを利用するためにも、損害賠償保険の確認を必ず行いましょう。

育成研修が充実している業者を選ぶ

育成研修が充実している業者を選べば、作業に対する満足度が上がります。育成研修がない業者だと、作業内容に関するトラブルが発生する可能性が高いです。

  • 作業のクオリティが低い
  • スタッフによって作業内容が違う

業者によっては、人員不足のため採用基準を下げている場合もあります。しかし、しっかり育成制度が整っていれば問題ありません。

トラブルを減らすためにも、育成研修は重要です。
» おすすめの家事代行サービスと選び方

家事代行サービスでトラブル発生時の対処法

家事代行サービスでトラブル発生時の対処法

どんなに回避策をしていても、トラブルが発生してしまうことはあります。しかし、トラブル発生時の対処法を知っておけば安心です。

ここからは、トラブルが発生した時の対処法を3つ紹介します。

  • 家事代行サービス会社に連絡
  • クーリングオフ制度を利用
  • 消費生活センターに相談

家事代行サービス会社に連絡

トラブルが発生した場合、まずは家事代行サービス業者に連絡します。今後の対応を決めるためにも、会社への連絡が必要です。

電話やメールにて、下記を伝えてください。会社が、問題解決に向けて動いてくれます。

  • 発生日時
  • トラブルの内容

物品の破損・盗難はもちろんですが、スタッフに関するトラブルでも会社に連絡しましょう。

家事名人
家事名人

担当スタッフを交代してくれる場合もあります。

クーリングオフ制度を利用

業者に連絡しても問題を解決できない場合、クーリングオフ制度の利用を考えましょう。しかし、全てのケースに適用できるわけではありません

クーリングオフ制度とは?

契約後でも、一定期間内であれば契約解除や撤回ができる制度

クーリングオフ制度に関しては、契約書に記載している場合が多いです。契約前に確認を行い、トラブルが発生したら利用を検討してください。

消費生活センターに相談

業者との間で解決が難しい場合、消費生活センターに相談するのがおすすめです。消費生活センターには家事代行に関する多くの相談が寄せられており、適切なアドバイスをしてくれます

近くの消費者センターがわからない場合は「188」に電話をかけて案内してもらうか、国民生活センターのWebページで検索してください。
» 国民生活センターはこちら

自分一人で悩んでいても問題は解決しません。

家事名人
家事名人

相談員に内容を伝えて、問題の早期解決に向けて動きましょう。

家事代行サービスのトラブルは防げる

家事代行サービスのトラブルは防げる

家事代行サービスでは、実際に多くのトラブルが発生しています。しかし、この記事で解説した回避方法を知っておけば安心です。

  • サービス・料金内容を確認する
  • 作業に対する要望をまとめておく
  • 見積もり時は部屋をいつも通りにする
  • 貴重品はしっかり保管する
  • 作業前の状態を写真に撮る
  • カメラを設置する
  • お試しプランを利用する

実際、家事代行サービスの利用者には、トラブル以上に良い感想を持っている人がたくさんいます。家事代行サービスを利用すれば、生活を豊かにすることが可能です。

家事名人
家事名人

ぜひ、ゆとりのある生活を手に入れるためにも、家事代行サービスの利用を検討してみてください。